メニュー

マイページにログイン

就農について

就農には、自ら農業を経営する独立自営就農と農業法人等に就職して農業に携わる雇用就農があります。

独立自営就農について

独立自営就農は自らが経営者となり栽培方法や販売方法など、自分の思うとおりに経営を展開することが出来ます。新しいやり方で農業をしたい、自分の判断で行いたい人は、独立就農が適しているかもしれません。その一方で、資金や農地、機械や住居もご自身で確保していくこととなります。営農計画をしっかりと立て、長期的なプランで農業経営を進めていくことになります。
独立自営就農へのみちすじは様々ですが、以下のプロセスがあります。

  • 農業を始めたい!

    情報収集

    経営ビジョンの明確化

  • 知識・技術の習得

    農業や農村を知る

    技術の習得は必須

  • 資金の確保

    経営計画を作成し必要な資金を把握

    生活費も確保

  • 生産基盤の確保

    機械・施設の確保

    農地、住宅の確保

  • 就農

独立自営就農へ詳細の情報については、県HP「農業せんね!福岡で」をご覧ください。

雇用就農について

組織の一員として農業に携わりたいと考える方は、農業法人等への就職をお勧めします。また、農業法人等に就職して技術や生活を安定させた数年後に独立自営就農される方もいます。

雇用就農のメリットとしては、

  1. 従業員として安定した給与を得られる
  2. 働きながら技術を取得できる

―などが考えられる一方、デメリットとしては、

  1. あくまで従業員なので、自らやりたい作業等に制約を受けることがある

―などが考えられます。

雇用就農の主な流れ

  • 本サイトやハローワークなどから
    求人情報を収集

  • 自分の希望に沿った就職先を選定

  • 就職先と面談し、
    勤務条件等でお互い合意

  • 雇用就農開始!

雇用就農における心構えチェック

※雇用就農は独立自営就農と異なり、農業経営者のもとで給与をもらって農作業に従事します。経営者ではなく従業員でありますが、一般企業の従業員と異なり、下記のような資質を求められます。
どの業種でも同じですが、できるできないではなく、やろうとする気持ちが働く上で大事です。
以下のチェックポイントを一度ご確認いただき、雇用就農の前に再度ご自身を見つめ直してはいかがでしょうか。

  1. 農業・農作業・生き物が好きですか。
  2. 農業は、田畑で働くことが主体です。体を動かすことが好きですか。
  3. 農業は肉体労働です。風雨や炎天下、極寒の中の農作業も求められます。健康・体力には自信がありますか。
  4. 農業は繰り返しの作業が多い仕事です。コツコツと根気よく作業をやり抜くことは、苦になりませんか。
  5. 農作業は皆で協力して行う作業も多く、また、出荷調製などは長い時間他人と一緒に作業する必要があります。他人とのお付き合いは、苦になりませんか。
  6. 農業は気象災害や病虫害などにより、突発的な農作業が発生する事を承知していますか。
  7. 農業は繁忙期と農閑期があり、土日など休暇が定期的に取れない場合や残業が続く場合があることを承知していますか。
  8. 農業への就職は、一般企業と異なり定期昇給が難しい場合がある事を承知していますか。
  9. 農業は地域単位で行われる業種です。従業員でも会社以外の地域の人とコミュニケーションが必要なことを理解していますか。
  10. 同じ作物でも、経営者(農家)によって技術や作業内容が異なることを理解していますか。
  11. ご家族は、農業の厳しい面も含めて同意をされていますか。